nayami

マンション選びは安くても妥協してはいけない

数年前、住んでいた賃貸の両隣がうるさくて悩んでた。

部屋の設計が悪いのか、境の壁ごしにクローゼットがあり隣の人がそこの扉を閉めるとガタガタうるさく、洗濯物を干すときもわざわざご丁寧にバンバン一つ一つしわを伸ばして干すのでその音が耳障り、窓を閉める時もうるさかった。あともう片方は女が住んでいたのだが、しょっちゅう遊びに来る彼氏の声がとてもでかくしかも朝の5時ぐらいでも平気でしゃべっている。この女の声もでかかったので2人でしゃべっていると眠れない。壁も薄かったのでこちらが移動したりするとなんとなくわかってしまう。

「インターネットで賃貸に関するトラブルはどのように対処すればよいか?」とあったので調べるとだいたい「管理人に相談しなさい」とある。私の場合は市の生活相談へ行ってみた。すると「近隣のかたの出す音がうるさいということですが、人によっては気にならない方もいるのでそれが悪いかどうか判断するには、録音なりして管理人に提出するしかない」などのような事をいわれた。

クローゼットのガタガタやる音や人の話し声ではたして管理人が動いてくれるのだろうか、しかもガタガタやる方は角部屋なので文句を言ったら私だというがばれてしまうし、第一文句を言っても効果がなかったらどうするんだろうと思った。録音するといっても、そういう音って録音するとあまりはっきり聞こえなかったりする。ますます管理人に「これってただの生活音じゃないですか?」といわれるかもという考えになった。このときフリーレントで入居してまだ3か月しかたっていなかったので、その違約金もはらわないといけないし、なんとか住めるように自分なりに工夫した。(隣がいる時間には、仕事で外へ出る、寝た時間に戻ってくる、うるさいときはラジオなどで音を掻き消す、部屋から出て玄関のほうへ避難するなど)

bfcbaf32a988ba275bf7f961b04a5ec0_m

しかし、こういう工夫をすればするほど「なんで自分の家なのに部屋にいられないんだろう?」という疑問がわいてきた。しかも、なぜか時間をずらしていると向こうも私がいる時間にわざわざ帰ってきたり(クローゼットをガタガタやる方の家)、うるさくしたりし始めた。これは私も真相がわからないが、うるさくして自分をアピールしたかったのか?あと私が電話していたり、作業していたり人の気配がすると寄って来たりして物音をたてたりしたので、私も気味が悪くなり隣がいると分かった時点でビジネスホテルへ避難するという生活をとるようになった。

これでは部屋を借りている意味もないし、こんなんじゃ引っ越しして、別に移ったほうが良い気がして物件を探した。実はこのうるさい賃貸を借りるときに私は不動産業者(ハウスコム・若い男)の「新しいからいいでしょ!」の声とフリーレントに妥協してしまい本当は角部屋が良かったのにこの部屋にしてしまったのである。もう一つ見る予定だった部屋は角部屋だがフリーレントではなかった。しかし、そちらにしていたら少しは事情も違っていたかもしれない。自分がこだわりたいところは絶対に妥協してはいけないんだと思い、今度は角部屋・最上階で探したところ理想的な部屋があった。仕事も高収入のところが見つかりフリーレント違約金も引っ越し代金も工面できた。引越しをする数日前、ステレオを大音響でかけていた(ガタガタやる方)の壁を蹴飛ばしてやったところ、(もちろん壁は無傷)若干音が小さくなったのがとても気分がよかった。もう1方の女はこの時は静かだったので特になにもしてこなかった。(夜うるさくなる)引っ越しの際も、うるさい賃貸に引っ越した時は業者がため口だったり光ケーブルの契約をさせられたり煩わしかったが、この時は腰の低い感じの良い人がきてしかも前より料金も低く勧誘もなかった。

今は会社からも家からも近くなり、特にトラブルもなく過ごせている。あの時妥協しないで、もう1件のフリーレントではない物件を見てそちらに住んでいたら事情は変わっていたかもしれない。設備が良くても、安くても周りの環境がよくなかったらまったく意味がなくなってしまう。そういうところは妥協してはいけないのだと思った。